アクセスカウンター

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.06/15(Fri)

どんどんどーん

こんにちは
小学生の頃はよく父母双方の実家に行ってました
ま、簡単に言うとおばあちゃんの家ですね
今日は私が小学生のときの夏休みの話をします。

父方
県内で車で1時間程でいけるので休みの日にママが車でよく遊びに連れて行ってくれた
夏休み、土日休みにはよく泊まりにいってました。
泊まった日には、朝8時頃に起きて布団をたたんだりたまにおじいちゃんと妹と3人で散歩して
帰ってきたらおばあちゃんが朝ごはんとお昼のおにぎりを用意していてくれて
朝ごはんを食べて9時になったらおじいちゃんと妹と近くの市営プールへ 自転車一台に
浮き輪やら着替えやらおにぎりやらを詰んでおじいちゃんが押して持っていくんだ。
私と妹はおばあちゃんが作ってくれたお揃いのワンピースと麦藁帽子を被って田んぼ道を
おじいちゃんと私と妹で歩いていくんだ
ワンピースの下には水着を着ててさ、妹なんか浮き輪をお腹にはめて歩いてんの。
んで近所の人とすれ違うたびに挨拶したりいってらっしゃいと言われると浮き輪を見せて自慢するんだ。
プールについたら定期的に放送で流れている第一体操をしてからプールに駆け込むんだけど
たまにプールサイドで走る子がいてね あそこで転ぶと痛いんだよなぁ。
おじいちゃんは日陰の休憩所で私たちをずっと座ってみていてたまに微笑んでいた
今思い出してもおじいちゃんが待ってる間本を読んでいたり寝ていたりという記憶が全くないんだ。
ずっと私たちを見ていてくれた覚えがあるんだよなぁ。
お昼になったらおばあちゃんが作ってくれたおにぎりやお弁当を食べた。
飲み物はペットボトルに水を凍らせたやつと水筒を持っていったなぁ
たまに売店のフランクフルトやアイスやジュースが凄く美味しそうに見えた
それで強請っておじいちゃんに何回か買ってもらったなぁ。
おじいちゃん、無口だけど優しいってことはよくわかってたよ
お昼も食べ終わって3時半を過ぎたらそろそろ帰る支度を始め、浮き輪の空気も全部抜いてしまう。
帰りも同じ道を通って帰るんだけど夕焼けが綺麗でね、自分の背より高いススキに隠れたり
田んぼで虫を探したりしながら帰ったんだ
家に帰るとおばあちゃんがスイカを切ってくれていて、それを縁側で食べるんだよ
蚊取り線香とスイカと夕焼け、これが帰ってきてからの毎日の習慣だった
庭でゴーヤも育てていたので両脇にゴーヤが生えている真ん中を通って家に入ったりもした。
6時まではおじいちゃん、おばあちゃんと散歩する日もあったし昼寝をする日もあったし
たまに隣の市に住んでいるいとこの家族を呼んで庭で鉄板で焼きそばを焼いたりBBQもやったりした
雨の日は炭火じゃなくて家の中でホットプレートで皆で食事をした日もあった。
夕飯を済ますと妹とかるたやおはじきやお絵かきをして遊んだりたまにテレビを見たり。
そして時間が過ぎてゆくうちにお風呂に入ったり果物を食べたりして私と妹は9時には寝てしまうんだ
そんなこんなで泊まりに行った日は毎日こんな感じでした。
プールに行かない日や雨の日は家で遊んだりおばあちゃんの習字やお裁縫を見ていたり
後、おじいちゃんが電気の会社に勤めていたから銅線(?)を接触させて火花や青白いを見せてくれたり
車で数十分のところにある畑に連れて行ってくれたり、おばあちゃんと歩いて買い物に行ったり
近くの公園に妹と遊びにいってお昼ごはんに一回帰ってくる以外は夕方までずっと遊んでいたりもした。
時期が合えば近所のお祭りにもいったなぁ 水風船釣りが面白かったよ。
あ、あといとこ達と花火もやった やっぱ夏と言えば花火だよね。
おばあちゃんはお裁縫と料理と習字がとても上手で学校ではないけど講師的な先生だったそうな。
よく洋服を作ってくれたし料理だって美味しかった。そして何よりもおじいちゃんが育てた野菜を
ほとんどの料理に使っていたので 野菜が育つところを見ていた私は成長をとても楽しみにしていて
それが成熟して料理になったときにはなんともいえない嬉しい気持ちになったなぁ。
「やらなければいけない」ではなくて「やりたいこと」が沢山ある
そんなあの頃は毎日が楽しかったな


母方の方は気が向いたら書きます
私、文章が一々長いので読む側も大変ですよねw





あ、パパと仲直りしました。
3ヵ月ぶりに話しました

いろいろあったけど専門も行けることになり教習所へも通えることになりました
心配をおかけして申し訳ありませんでした!
相談に乗ってくれた方、ありがとうございます。


スポンサーサイト
17:06  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://lovekuro.blog96.fc2.com/tb.php/322-071e38a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。